HOME>注目記事>薪ストーブっていくらするの?購入に必要な準備も紹介!

薪ストーブを購入するときにかかる費用

薪ストーブは本体に20~100万円、別途で工事費などが60万円前後かかります。また、お金以外にはどのような準備をしておくべきなのでしょうか。

薪ストーブを購入する前に準備すること

  • 薪ストーブの上部から煙突の上部までの長さは、目安として4.5m以上必要である
  • 煙突を曲げるときは横の長さを1m以内に抑える
  • 子どもがいる場合は誤って触れないようにする
  • どういう範囲・角度で暖めたいかを考えること
  • 広めのスペースを確保しておくこと
  • 設置したあとは動かすことができないので慎重に決めること
  • 炉台や炉壁も必要なのでスペースを確保すること
  • 薪ストーブは工事が必要なので、良さそうな会社を見つける
  • 事前に見積もりを取っておくと金額がわかるので安心
  • 薪など消耗品は何処で購入すべきなのか調べておくこと

住宅で暖を取る方法

薪ストーブ

住宅で生活をしていると夏場は暑いので、暖を取る必要はありませんが、冬場は日本でも広範囲の地域が寒くなるので、暖を取る必要があります。暖を取る方法としては、エアコンやストーブ等が該当してきますが、薪ストーブであれば、空間を素敵にしながら、部屋を暖かくする事ができます。薪で火をつけて暖を取るスタイルは大昔から行われていた事ですが、薪ストーブであれば、住宅の中で安全を確保しながら、薪を温かみを感じる事ができるので、とても魅力的です。薪ストーブの中にも色々なタイプの商品が存在するので、それぞれのユーザーに合わせた商品を選べて、とても便利です。

クラシックやモダンタイプ等があります

薪ストーブ

薪ストーブを実際に住宅に取り入れる時に、クラシックやモダンタイプ等から選ぶ事ができます。クラシックタイプは伝統的なデザインに特徴があり、重厚感や存在感が強い商品が多いので、部屋の中の主役にしたい時はとても頼りになります。モダンタイプはシンプルな形の商品が多いですから、色々な雰囲気の部屋に置ける魅力があります。縦型でミニマムな設置が可能ですから、狭い空間を有効活用できる特徴があるので、使いやすいです。他にもクッキングストーブは、暖を取るだけでなく、薪ストーブで本格的なオーブン料理を作れるので、非常に便利な商品になります。また住宅の壁自体に薪ストーブを埋め込んでしまう、ビルトインタイプも存在しますから、暖炉のような雰囲気を作りたい方には、最適なスタイルの薪ストーブです。

広告募集中