薪ストーブを使ってみましょう

薪ストーブは安全に使うためにも、メンテナンスが欠かせません。日常的とシーズンオフのポイントを知っておきましょう。

薪ストーブ メンテナンスのポイントとは

no.1

ドアガラスは常にキレイにしよう

ドアガラスが汚れていると、せっかくの炎も見えづらくなります。しつこい汚れはガラスクリーナーを使いましょう。

no.2

ストーブ表面は汚れやすいので注意

表面が汚れたり、サビが浮いた時にはポリッシュや耐熱塗料を使えばピカピカになります。

no.3

補修用パテでホウロウの補修を

ホウロウを欠けたままにしておくと、サビが出来て劣化の原因になります。傷がついたらすぐに補修用パテを使いましょう。

no.4

ファイバーロープは時期をみて交換しよう

ファイバーロープは永年使えるものではありません。耐用年数をきちんと調べて、時期が来たら必ず交換してください。

no.5

シーズンオフは必ず煙突掃除をしよう

薪ストーブを使うと、ススやクレオソートなどの物質が煙突内部に蓄積します。煙突が詰まると大事故になりかねないため、シーズンオフは必ず掃除をしてください。

部屋

購入後は定期的に点検をしたい

薪ストーブは、窓から見える炎が心身を癒す効果があり、エアコンに比べると保温性が高いのが魅力です。寒い地域で生活をしている人には、欠かせない暖房器具のひとつです。薪ストーブを安全に使用するためには、定期的にメンテナンスを行う必要があります。夏場などのオフシーズンは、煙突の掃除は欠かせなくなっています。高い場所での作業なので、自分で行うのは危険を伴います。専門業者に依頼することで、煙突の内部をきれいに掃除をしてくれます。煙突をきれいに保つことで、部屋に煙が入るのを防いだり、火災などを防ぐことが出来ます。薪ストーブを購入する時は、購入後のアフターサービスが丁寧なお店がお勧めです。薪を使って保温をするため、薪ストーブの周囲にはゴミが出やすいです。こまめに掃除をしたり、窓の汚れを取っておくことが大事です。

正しく使用すると安全に使用できます

薪ストーブは、クラシカルで伝統的なデザインから、現代風でハイセンスな商品まで揃っています。インテリア性も優れているので、暖房器具の中でも根強い人気があります。薪ストーブを安全に使用するためには、定期的な点検やメンテナンスが必要です。信頼できる専門業者を選ぶと、薪ストーブの細部まで、きれいにお手入れをしてくれます。薪ストーブは、正しく使用すると安全な暖房機器です。信頼できるメーカーや機種を購入しておくと、失敗が少ないです。数多くの商品が販売されているので、ライフスタイルや住宅の構造に合った商品を選ぶことが出来ます。現代はピザなどの調理が出来る商品も人気があります。調理をした後は、きちんとお手入れをすることで、きれいな状態を維持できます。夏場などのオフシーズンを利用して、点検やメンテナンスをするのをお勧めします。信頼できる専門業者を選ぶと、適正な料金なので安心です。

広告募集中